スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

熱中症に気をつけよう!

今日も暑いですね~

この季節、スポーツをする子供達にとって、熱中症の不安は常につきまといます。

しかし、熱中症はちょっとした注意で防ぐことができます。
ポイントを挙げますので、普段から心掛けてみましょう。

・睡眠不足や風邪ぎみなど、体調の悪いときは熱中症になりやすいので、
 普段から体調管理につとめよう。

・通気性の良い洋服を着て、外出時にはきちんと帽子をかぶろう。

「のどが渇いた」と感じたときには、すでにかなりの水分不足になっていることが多いので、
 定期的に少しずつ水分を補給しよう。
 特に夏場は汗と一緒に塩分が失われるので、スポーツドリンクなどを飲むのがオススメです。


次に、「熱中症かもしれない」と思ったら、まずまっ先にしなければならない基本です。
ぜひ、覚えておいてください。

・涼しい日陰や、クーラーの効いた場所などに移動します。

・衣類をゆるめて休む。

・氷や冷たい水でぬらしたタオルや氷のうなどを手足に当てます。
 氷や冷たい水がない場合は、タオルやうちわ、衣服などを使ってあおぎ、風を送って冷やします。

・水分を補給します。この時、水分だけではなく、汗によって失われた塩分も補給する必要があります。
 スポーツドリンクなどを少しずつ何回にも分けて補給しましょう。


その他、症状別に・・・

・筋肉が痙攣していたら、痙攣している部分をマッサージします。
 また、体の一部分(例えば脚など)が冷えているなら、その部分もマッサージします。

・皮膚が青白く、体温が正常なら、心臓より足を高くして、あおむけに寝かせます。
 水分が摂れるなら、少しずつスポーツドリンクなどを何回にも分けて補給します。

・皮膚が赤く、熱っぽいなら、上半身を高くして座っているのに近い状態で寝かせ、とにかく体を冷却!!
 首、脇の下、足のつけ根など、血管が皮膚表面に近いところを氷などで集中的に冷やします。
 氷がない場合は、水を体にふきかけ、風を送って冷やします。
 この時注意したいのは、体の表面だけを冷やしてふるえを起こさせないことです。

反応が鈍い、言動がおかしい、意識がはっきりしない、意識がない。
 こういった場合はすぐに救急車を呼びます。
 
 同時に、応急処置をしておきましょう。
 意識がはっきりしない、もしくは意識がない場合の水分補給は厳禁です。
 また、吐いてしまった場合にのどを詰まらせないよう横向きに寝かせましょう。


熱中症は、回復してしまえば終わり、というものではないそうです。
一説によると、熱中症になった経験のある人は熱中症になりやすいともいわれています。
また、熱中症で体温が高くなると、大腸菌でつくられた内毒素が血液中に漏れ出て、
体温が正常に戻っても体の抵抗力が弱まるという研究結果もあるそうです。

熱中症になった後は、病院を受診して大事をとるとともに、
しばらくの間は体をいたわる生活をする必要があるようです。
くれぐれも「もう大丈夫」と、翌日からまた活発に活動をはじめる、
なんて無謀なことをしないようにしましょう。


しかし!!
みんなはそんな悠長なことを言ってられません!!

そもそも、熱中症になんかならなきゃいいのです

早寝早起き、手洗いうがい等で体調を整え、
運動中は、こまめな水分補給を心がけましょう。
我々指導者も、早めの休憩を心がけていきます。

みんな元気でこの夏を乗り切ろう!!
スポンサーサイト

Comment

Secre

プロフィール

ひかりが丘ミニバス

Author:ひかりが丘ミニバス

FC2カウンター

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

最新記事

最新コメント

カテゴリ

月別アーカイブ

最新トラックバック

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。