スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

練習と試合と

先日の練習試合で、試合前のウオーミングアップと親睦を兼ねて、
ひかりが丘で取り入れている、ちょっと変わったフリースロー対決をしました。

監督はいつも、広く色々なものを見聞きし、その中から良い練習を教えてくださるのですが、
この練習はフリースローの正確さはもちろん、瞬間集中力と瞬発力、
リバウンドの判断力、反応力などが鍛えられる、とても面白い練習です。
また、もちろんゲーム性もあって、ひかりの子供達も大好きなのですが、
練習試合で来ていただいたチームの子供達にも受け入れられたようで、
みんな楽しそうに、それでも真剣に取り組んでくれました。

そのフリースロー対決を見て、その後の試合も見て気がついたのですが、
子供達、やはり試合と練習では勝手が違うようですね。

フリースロー対決では、早く、的確にショットを放たなければいけないとはいえ、
ゲームという意識からか、どのチームもリラックスしてショットを放ち、
そのシュートがスポスポとゴールに沈んで行く姿を見て、
「ほぉ~さすがに鍛えられてるなぁ。安易なファウルは気をつけないと。」
なんて思いながらジャッジしていたのですが、
いざ試合が始まると、これが不思議と決まらない。
フリースロー対決で5本打って5本入っていたような子も、
試合のフリースローでは4本打って1、2本入っただけ。

確かに試合中は走った直後で息が上がっていたり、
決めなければ・・・というプレッシャーもかかりますし、ゲームとは感覚も違いますが、
それでもしている「作業」は常に変わらず一緒なんですよね。

そう考えた時に、さて、ひかりの子供達に本題です。
「常に試合を想定した練習をしていますか?」
練習で何本入っても、試合で入らなければ仕方がありません。

一度入ったシュートは、全く同じ条件で打てば必ず入ります。
自然と同じ動作ができるようになるまでには、繰り返しの練習しかありません。
その練習も、常に試合で使うことを想定して練習するのと、
練習内でうまくできるように練習するのとでは、雲泥の差が出てきます。
練習態度、練習内容、意識、集中力、時間の使い方など、その全てが変わってくるはずです。

練習の為の練習は、試合でなかなか使えないものです。
ミニバスは、この先中学、高校へとつながる教育期間でもあります。
この先、バスケットに限らず、全てにおいて言えることですので、
試合で使うための練習を、普段からもっと心がけて欲しいと思います。
スポンサーサイト

Comment

Secre

プロフィール

ひかりが丘ミニバス

Author:ひかりが丘ミニバス

FC2カウンター

カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

最新記事

最新コメント

カテゴリ

月別アーカイブ

最新トラックバック

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。