スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

あらためて

先日アップした横浜地区予選の表をまじまじと見直してみると、
横浜市の代表をかけた精鋭39チームの中に、
ひかりが丘、三菱第二さん、大原北さん、東急白根さん、中白根さんと、
上中白根地区の5チームがエントリーしています。

旭区で・・・ではないですよ?

横浜市の代表を決める戦いに、上中白根地区のチームが5チームもいるんです。

これって・・・結構凄くないですか??

上中白根大会を勝ち抜くのが容易ではないことがあらためて分かります。

そんな上中白根大会。最近もっぱら夕食(夜食?)のおかずとして、
また、大人ドリンクの肴として、その試合のビデオを見ているのですが、
あらためて感じるのが声援の多さや、声援のありがたさ。

当日は地域の大会とあって会場も近いため、各チームの応援団がとても多く、
試合時には1プレー1プレーごと、非常に盛り上がっていました。

ひかりが丘も、保護者をはじめ、たくさんの方々が応援に駆けつけて下さいました。
中には、一昨年のOGのお父さんの姿も!
(子供たちの成長に驚きつつ、久々のミニバスはとても楽しかったと言って頂きました)

そうした皆様の応援があったからこそ、子供たちは輝き、躍動し、
ダブル優勝という偉業を達成できたのだと思います。

あの大声援を見るにつけ、また、思い出すにつけ、
地域大会、中部大会、市大会、旭区大会、シーガール、1日大会や、
練習試合、Aの試合、Bの試合と区別することなく、
すべての試合であの応援があったら、どんなに素晴らしいだろう・・・
と考えてしまいます。

子供たち、試合では練習で学んだことを一生懸命発表しています。
ミニバスの試合は、いわばバスケットの発表会みたいなものです。
発表する相手が居ない発表会ほど淋しいものはありませんが、
逆に、たくさんの方に見て頂ければ、発表する力が倍増します。

6年生は残り数か月。試合数もどんどん少なくなっています。

今、一番輝いている子供たちの姿、最高の笑顔を、
できるだけ多くの方に見ていただき、その目に焼き付けてもらいたいなぁ。
そして、できるだけ多くの声援を子供たちに送ってほしいなぁ。

そう感じています。

また、低学年の保護者の方々には是非、
「6年生が今どんなバスケットをしているのか?」
も見ていただきたいなと思います。

たとえバスケットがよくわからなくても、きっとプレーの残像は残ります。
努力、真面目さ、一生懸命さ、必死さ、楽しさ、チームワークはきっと伝わるはずです。

今の6年生と低学年。
どれだけプレーに違いがあるのか?
どれだけ意識に違いがあるのか?

その違いの認識がお父さん、お母さんの中に「ある・ない」の差は、
きっと後になって大きな差となって現れるはずです。

是非、また試合会場に足を運んでください!
そして、1プレー1プレーに一喜一憂し、
声が枯れるほど声援を送ってあげてください。

子供たちはいつでもきっと、その暖かい声援を待っています。
スポンサーサイト

Comment

Secre

プロフィール

ひかりが丘ミニバス

Author:ひかりが丘ミニバス

FC2カウンター

カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

最新記事

最新コメント

カテゴリ

月別アーカイブ

最新トラックバック

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。