スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

初心

先日、今年戦った百数戦を思い出して感慨深いみたいなことを書きましたが、
このブログより断然歴史の長いひかりが丘ミニバスのホームページにて、
掲示板の過去の書き込みを電車の中でずっと遡ってみました。

すると、2009年8月の終わりに、自分の初書き込みを発見!!

「初心」というタイトルで、下記の10の心得のコピペをしていました。


☆親のための10の心得☆

※島根県バスケットボール協会競技力委員長森山恭行氏がミニバス用に作成したものです。

1 試合や練習を見に行ってあげましょう
   -子どもはそれを望んでいます

2 試合や練習ではチームのすべての子どもを応援してあげましょう
   -自分の子どもだけの応援ではいけません

3 調子のよいときだけでなく、調子の悪いときも勇気づけてあげましょう
   -批判ばかりしてはいけません

4 指導者の指導方針を信頼してあげましょう
   -指導者の批判をしていると子どもの態度に悪影響を与えます

5 キャプテンや副キャプテンなどチームのリーダーを尊重してあげましょう
   -彼ら彼女らの判断に圧力をかけないようにしましょう

6 審判はインストラクターとみなしましょう
   -審判の判定を批判してはいけません。
    バスケットの審判は非常に難しいのです

7 子どもが参加することを刺激し、勇気づけてあげましょう
   -プレッシャーをかけないようにしましょう

8 試合がエキサイテイングだったか、楽しかったか、聞いてあげましょう
   -勝ち負けの結果だけをきくことがないようにしましょう

9 クラブの仕事を尊重しましょう
   -積極的に 顧問・指導者・親のミーテイングをもち、
    どのような態度でクラブに臨むべきかを話し合いましょう

10 忘れないでください。ミニバスケットボールをするのはあなたの子どもです。
    -あなたではありません


なぜ初書き込みでこのコピペ?とお思いでしょうが、
まぁ・・・それはどうでもいいとして、
2年以上経ち、多少立ち位置が変わった今も十分納得ができ、
こうした心得は不変なんだと気付かされます。

まさに今、自分が初心に帰す思いです。
スポンサーサイト

Comment

Secre

プロフィール

ひかりが丘ミニバス

Author:ひかりが丘ミニバス

FC2カウンター

カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

最新記事

最新コメント

カテゴリ

月別アーカイブ

最新トラックバック

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。