スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

プライスレス-2

すったもんだありましたが、バスに乗れさえすればこっちのもの。
無事、鶴ヶ峰駅に到着しました。
今度は電車の切符購入にチャレンジです

ところで、いきなり話がそれますが、
僕が小学生低学年の頃は、まだ駅員さんが改札口に立ち、
切符一枚一枚に、改札鋏(かいさつきょう)でパンチ穴を開けてくれました。

カチカチカチカチと、ロボットのように正確なリズムの無駄打ちをしながらお客を待ち、
改札を通る乗客の差し出す切符を受け取るや否や「パチン」と鋏を入れてくれる姿。
憧れたなぁ・・・。

親に頼んで、おもちゃの改札鋏と切符のセットを買ってもらい、
電車ごっこならぬ、「改札ごっこ」をよくやったものです。
限りのあるおもちゃの切符は温存し、画用紙で切符を手作りしたり。
懐かしいものです。


さて、話を現代に戻します。
券売機の前に並ぶ子供達に、早速レクチャーを開始します。

「まず行きたい駅を探して、料金を確認するんだよ。」

って言ってる傍から、あ○○がお金を入れています。

「おいっ!!いくらか分かってるの??」

「え?どこを押せばいいの?」

「それを確認しろって今言ってんだよ!大体お前それ、大人の切符じゃんか!!」

自分の娘ながら、そのケセラ・セラ精神に呆れてしまいます。
メンバーからも

「あ○○~。なにやってんだよ~。」

と笑いやツッコミが起きます。
こんなんで本当に電車に乗れるのでしょうか?

気を取り直して、順番に押していく箇所を説明します。

「切符を押して、子供ボタンを押す。で、そうそう100円ね。」

先頭の子のやり方を見て、早速、複数台ある券売機に散らばります。
4年生が少し手間取りましたが、6年生が優しくサポートし、
何とか全員無事に切符が買えたようです。

そんな中、ち○○が切符の領収書をもらっていました。

NOT「え?領収書なんかもらったの?」

ち○○「うん!なんか、し○○が集めてるんだよ。」

NOT「そうなの?何すんの??」

し○○「何となく集めてたら貯まってきたの。」

そ・・そうですか・・・
将来、その収集趣味がきっと役に立つ時が来るよ・・・

さて、そんなやり取りを聞いていたメンバー達。
既に手遅れではありますが、ち○○に領収書の出し方を教わります。
真剣に見聞きするその目は、心なしか輝いています。
何かいやな予感・・・

そうなんです。
その後のJR線、帰りの相鉄線で、みんなでし○○のために領収書集めのお手伝い。
し○○の手には、同じ日、同じ時間、同じ金額の領収書が複数枚、握らされることになります。

いやいや・・・みんな・・・。
それなりに理由があるから「絶対に駄目!」とは言わないけど、
できるだけ資源の無駄使いはやめようね~。
混んでる時間もやめようね~。後ろの人並んじゃうし、迷惑になっちゃうからね~。
そもそも、領収書の使い方間違ってるから!!

………………………………
相鉄線---100円。(TOTAL 210円)

切符の買い方の経験。
領収書のもらい方の経験。
そして、仲間を思う気持ち---プライスレス。

ちなみに、この時点でまだ鶴ヶ峰を出発していません・・・
このシリーズ、果たして終焉を迎えられるのでしょうか
スポンサーサイト

Comment

Secre

プロフィール

ひかりが丘ミニバス

Author:ひかりが丘ミニバス

FC2カウンター

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

最新記事

最新コメント

カテゴリ

月別アーカイブ

最新トラックバック

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。