スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

過去→現在

実は、昨日の監督からのお話はまだ内容半分。
今日は残りのお話しに関して書きたいと思います。

前々から書いてはいますが、僕は家で大人ドリンクを片手に、
過去の試合を見返しています。
(近年、バスケより見たいテレビがあまり無いっていうのもありますが・・・)

時々去年のA、B両チームの試合も見たりしますし、
長女が4年生で入りたての頃の試合も引っ張り出すこともあります。
特に、長女の卒部前は良く見返していて、4年生時のどんくさかった娘が、
こんなにも成長した姿で卒部していくのかと、ジーンとしたものです。

よく「過去は振り返らない」と言う言葉を耳にし、口に出したりしますが、
そうは言ってもやはり、過去の自分が居たから、現在の自分が居るのです。

監督は、

「時々でいいから、過去の自分と向き合ってみろ。
過去の自分より、あんなことも、こんなこともできるようになっているって気付くから。
例えば過去に書いたノートを見返してごらん。
こんなくだらないことを書いてたのか!ってみんな思うよ。
でも、それが成長なんだぞ。
過去から現在で、ここまで出来たんだ。
じゃぁ、もっと頑張れば・・・って未来を見るんだ。」


と。
また、

「チーム内の競争は確かに大事。ライバルとの切磋琢磨も必要。
だけど、自分に比べてあの子はできないっていう見方はダメ!
その子はその子なりに一生懸命頑張って、過去よりも成長しているんだから。
そういう成長した部分を認めてあげられる仲間になりなさい。」


とも。

バスケットに限らず、上手い子や飲み込みの速い子は、
そうでない子と自分を比較して、怠慢や安心感から
さぼる方向に向かう子も少なからず居たりします。
そうなる前に・・・そして、それぞれ5・6年生に進級する前に、
監督からのありがたい釘刺しです。

過去を振り返り、現在の自分の足元を見つめなおす。
そして、これからどうするのか、どうなりたいのかを目標として立て、
決して現状に甘んじない、大きな上向きのベクトルを差した未来を描く。

過去⇒現在⇒未来

そう、ホワイトボードに大きく書かれた言葉に、
監督から子供たちへ、「無限の可能性」と言うメッセージが込められている様に感じました。
スポンサーサイト

Comment

Secre

プロフィール

ひかりが丘ミニバス

Author:ひかりが丘ミニバス

FC2カウンター

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

最新記事

最新コメント

カテゴリ

月別アーカイブ

最新トラックバック

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。