スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今日のひとこと

「9000回以上シュートを外し、300試合の勝負に敗れ、
勝敗を決める最後のシュートを任されて26回も外した。
人生で何度も失敗した。それが成功の理由だ。」


超有名なマイケル・ジョーダン氏の言葉です。

失敗は成功のもと という日本のことわざもありますが、
失敗をしたら必ず成功するというものではありません。
失敗をしたら反省、研究をし、改善を図らない限り
同じことを繰り返すだけで、成長も成功もありません。

ジョーダン氏は失敗を糧に、繰り返し、繰り返し
厳しい練習を重ねたのでしょう。

さらに、この言葉の裏には違う意味も含まれています。
その意味を理解するうえで、ジョーダン氏のこんな言葉があります。

「何かを始めるのは怖いことではない。
怖いのは何も始めないことだ。」


分かりますかね?
そう。チャレンジですよ。

失敗を糧にすることは大切ですが、
そもそも失敗と成功は表裏一体であり、
その失敗も成功もチャレンジをしければ生まれません。

大切なのは、何事にもまずチャレンジをしてみる ということです。
チャレンジをし、成功すればそれは新たな血肉となり、
失敗しても、その先にはきっと経験と改善策が残るはずです。
チャレンジをせず、何も生まれないよりは全然素晴らしいと思いませんか?

さらに、やはりジョーダン氏のひとこと。

「成功は、やみくもに追い求めるものじゃない。
それに向かってたゆまない努力を重ねるものだ。
そうすれば、成功は思いがけない時にやって来る。
それがわかっていない人が多いんだ。」


これで三位一体ですね。
成功とは、努力・挑戦・失敗の積み重ねで成り立っているんだと。

バスケットボールで実際に大成功を収めたジョーダン氏。
発言に全くブレがありません。
僕も、かくありたいものです・・・

最後に、ジョーダン氏に対し、
「どんな選手として人々の記憶に残りたいですか?」
とインタビューされた時の回答。

「バスケットボールを大好きな奴がいた。 それだけで十分だ。」

いやぁ・・・格好いい。



スポンサーサイト

Comment

Secre

プロフィール

ひかりが丘ミニバス

Author:ひかりが丘ミニバス

FC2カウンター

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

最新記事

最新コメント

カテゴリ

月別アーカイブ

最新トラックバック

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。