スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ゴ~~~~ル!!!

なんてタイトルをつけてみましたが
ワールドカップ期間中とはいえ、サッカーの話ではありません。

先日の上中白根新人戦で、シャチ&ライオン世代の1人、
3年生のみ◯ちゃんがシュートを放ち、鮮やかなゴールを決めました!

え?今までたくさん決めてるんじゃないの?
と思われる方も多くいらっしゃるかと思いますが、
実はみ◯ちゃんは中部連盟に登録ができず、
主だった中部の大会や、先日の市大会などに出場することができません。

そうです。現行のミニバスのルールが足枷となってしまっているのです。

ひかりが丘は現在、四季の森小を拠点とするクラブチームです。
近隣小学校には、大原北さんや上白根さん、中白根さん、東急白根さんなど、
それぞれの学校に根付いたクラブチームがあり、
四季の森小学校以外からの部員は登録ができないルールとなっています。

み◯ちゃんが1年生だった時、そのようなルールを説明した上で尚、
「仲の良い友達が居るひかりが丘に入りたい」
と申し出てくれ、上白根小学校から入部してくれました。

本人も納得の入部だとは思うのですが、先日の市大会など、
みんなと同じユニフォーム、同じTシャツを着て、
ベンチではなく応援席で一生懸命声を出して応援している姿を見ると、
やはりプレーをさせてあげたくなってしまうのが人情ですよね。

2年半・・・そうやっていつも応援席から応援を続けてくれました。

1年生の時から2年半、練習はみんなと同じメニューをこなしてきました。
練習の5対5などは、闘争心剥き出しでプレーをしています。
最近は練習試合にも出場できるようになりました。
だけど連盟絡みの大会には、仲間なのにベンチにすら入れません。

過去に何があり、今のルールとなったのか正確には分かりませんが、
他地域、他都道府県を見渡しても、どこも少子化影響でチーム運営はギリギリです。
今年のかもめリーグの対戦表を見ても、10チームが10人以下となっています。

友情・ほほえみ・フェアプレー

これがミニバスの精神だとすると、
もう少しだけでも、救済措置があっても良いような気もします。

すっかりしんみりとした話になってしまいましたが、
上中白根大会は別の話で、み◯も戦力として登録し、
ベンチに入り、出場ができる数少ない大会です!

そんな数少ないチャンスに、監督は2試合とも迷わずみ◯を指名!
仲間と共にコートに立つことができました!!
そして、み◯自身も、その少ないチャンスの中で躍動し、
ついにシュートまで決めてしまいました!!

これにはベンチも、出場選手も大喜び!
いつもの倍以上の騒ぎとなり、みんなでその喜びを分かち合いました。
陰ながら、僕も2階で撮影しながらガッツポーズ!
本当にうれしいゴールとなりました。

み◯!!ゴールおめでとう!!

でも、まだまだこれからもっともっと、シュートを決めてもらわないとね!

これからもずっと、み◯はひかりの仲間だよ。

スポンサーサイト

Comment

Secre

プロフィール

ひかりが丘ミニバス

Author:ひかりが丘ミニバス

FC2カウンター

カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

最新記事

最新コメント

カテゴリ

月別アーカイブ

最新トラックバック

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。